Tellme NEW活字文書読み上げ装置 次世代型コミュニケーションツール
ホームに戻る
ホームTellmeについて > Tellmeの操作方法
活字文書読上げ装置Tellme

Tellmeの操作方法

Tellmeの各部名称と仕様
音声コードとは

音声コード導入事例

音声コード普及一覧
給付について
 (視覚障がい者の方)


価格表
TELLME BLOGブログ

音声コード作成 Q&A

音声コード作成の注意事項

テルミー よくある質問

問い合わせ
 
Tellmeについて 活字文書読み上げ装置Tellme
Tellmeについて
デザインにこだわったTellmeは、
ボタンがたったの4つで操作が非常に簡単。
誰でも簡単に操作できます。
操作手順
ステップ1 ACアダプターをコンセントに差し込みます。
Tellmeのジャック差込口に、ACアダプターのジャックを差し込みます。
ステップ2   ジャック差込口の左横にある電源スイッチを押すと、「トゥルンッ」と音が流れます。
ステップ3   紙を差し込む差込口に、音声コードが付いた紙を奥まで差し込みます。
※音声コードが付いている紙には、必ず切り込みがあります。切り込みを左横上にして、Tellmeの差込口に紙を差し込んでください。
ステップ3   紙を奥まで差し込んだら、撮影ボタンを一度押します。そうすると「ピコッ」「プルンッ」と音が流れます。
ステップ5   音が鳴ったら紙を抜いてください。Tellmeが紙の情報を話し始めています。
Tellmeの上部には4つのボタンがあり、まず手前に3つのボタンが並んでいます。
3つ並んだ真ん中のボタンが「一時停止/再生ボタン」、真ん中のボタンの左側のボタンが「巻戻しボタン」、真ん中のボタンの右側のボタンが「早送りボタン」です。カセットデッキと同じような操作ですね。

4つめのボタンは「撮影ボタン」で、 3つ並んだ真ん中のボタンのすこし上にあります。点字で「撮影」と表記してあります。

Tellmeの操作はこの4つのボタンだけで、誰でも簡単に操作できる装置です。

ロゴ(C) 2007 JAPAN WELFARE SERVICES. All rights reserved.